So-net無料ブログ作成
タクシー ブログトップ
前の30件 | -

黒人に褒められる [タクシー]

先日ローカルの住宅街で年配の黒人男性にご乗車頂いた。これは都心までかな!?と期待したがご近所までだった。住宅街での降車だが、降り際に私の頭を指して「Your hair style is good!」と言って親指を立てた。直ぐに理解できた。どうやら私のヘアスタイルを気に入って頂いたようである。(笑)
私もあなたの天然パンチパーマーがいいね!「Your natural hair style is good, too」と返答。(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

2月第2週の景気は― [タクシー]

2月第1週は土曜日のみだったので、第2週の景気はどうだったのか!?
先週の1月下旬第5週は日勤で通したが、今週は一転して夜勤で通した。月初めは暇だろうと覚悟はしていたが、どういうわけか数字が出来ている。ここまで(月~木)目標を大幅にクリアしている。ツキも1日や2日ならまぐれという事もあるが、4日ともなるとまぐれではない。目標にわずかに届かなかった朝残業は1日だけ。ロングが1,2本ある日が多かったのでそこそこ深夜の需要はあると解釈してもよいだろう。しかし、深夜の歓楽街は暇に変わりない。いったいこれはどうなっているのだろうか!?ピークの時間帯(午前0時~1時)に都心歓楽街に入ると、早い時間に空車で埋め尽くされている路地にタクシーが掃けて少なくなっている。しかし、お客さんを直ぐ拾えるわけでもない。客引きだけが目立ち、お客さんがそこら辺に歩いているわけでもない。流しながら店内を覗ける飲食店には少しお客さんが入っている処もある。ロングの客層が少し出ているのだろう。さて今晩金曜日はどんな風が吹くのだろうか!?楽しみである。2月はただでさえ日数が少ない上に飛び石連休と連休がある。土曜日も出て稼いでおきたいところだが、出たくないよなぁ。煩悩がいつも休みたいと言っている。

nice!(0)  コメント(0) 

何も置かずに立ち去る客 [タクシー]

昨晩の事である。
ローカルの都道を走っていると沿道交差点にあるラーメン屋から男性が出てきて手が挙がった。出庫して最初のお客様である。30代~40代と思われる真面目そうな男性。幹線道路に出てコンビニの前で止まってくださいと指示があった。コンビニ正面にタクシーを止めると「5分くらい待っていてください。」の一言。ドアを開けると当然私の視線は男性を追うが、コンビニでお買い物だろうと思いきや、男性は正面のコンビニに入らず小走りに建物脇の路地に消えた。「んっ!」これはやばいな。あの小走りの様子が乗り逃げ犯の様子と重なった。車内には何も置いていない。急いで運転席から降りて追いかけた。路地に入ると男性の背中が十数メートル先に。「お客さん!すいませんが、ここまでのタクシー代金を置いて行ってください。」男性は「そうですか、すいません!」とタクシーまで戻りバックを置こうとしたがバックは断った。財布からクレジットカードでもいいですかと差し出したので、お預かりした。タクシーメーターは660円を指していた。やれやれ、乗り逃げではなかったか・・・。待つこと15分。男性が路地から出てきた。タクシーに乗ると、この路地に入る指示。100mくらい進みマンション前で止まる。荷物を積みますのでと降車し、男性は電子レンジを抱えて来た。次に梱包された寝具らしき物2つを積んだ。行先はご乗車されたさきほどのラーメン屋辺り。しかし、事前に荷物を積むとかその辺の諸説明が無いと運転手は不安になるよね。まったく何も言わねぇからさ。(笑)タクシー運賃は2千数百円。
ここでお客様へのお願いである。タクシーを待たせるときは、必ずそこまでの代金を置いて行ってください。これはマナーであり常識です。お客様のコンビニでの買い物はよくありますが、何も置かない人が多いのですが、これはコンビニ店内にお客様が入るのを確認できているから運転手は例外的に黙認しているだけです。しかし、中にはコンビニにだって裏口があったりして詐欺に遭うことも考えられます。
次のお客様は、暗闇に浮かび上がる家着姿の男女。「そこの路地に付けてください。荷物を積みますので!」と指示がある。道端に荷物がいっぱい置いてある。おいおい!またかよ。それも深夜近いのによ。荷物は近所のトランクルームへ。今やタクシーは引っ越し屋、便利屋も兼ねる!?そんな感想である(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

これは客の乗車拒否 [タクシー]

公共交通機関で乗車拒否と言えば、一番横行しているのが恥ずかしながらタクシーと言えるだろう。今朝の仕事でこんな事があった。赤信号で交差点に止まると、交差点先で女性がタクシーを待っているのが確認できた。信号が青になりタクシーを走らせると、その女性から手が挙がった。タクシーを止めてドアを開けると、車内を覗き何も言わずに立ち去った。わざわざ止まったのに失礼極まりない。これは客の乗車拒否である。(笑)

タクシーを止めさせてドアを開けたのに何も言わず立ち去る。若い娘のようだった。マナー、礼儀知らずの子娘だ。こんな失礼な人も見た事がない。親の顔が見たいとよとはよく言ったものだ。社会常識くらい身に付けるべきだろう。こんな失礼な客の乗車拒否というのも初めてである。

nice!(0)  コメント(0) 

新型コロナウィルスに警戒 [タクシー]

本日夕方ご乗車頂いたお客様が同乗者と話している。
「日本国内で武漢市のツアー客を乗せたバスの運転手が感染した・・・」
えっ!?ほんとかよ。先週金曜日から新型コロナウィルスを警戒してマスク着用で営業しているがまさかのニュースである。日勤で営業すると中国の観光客を乗せることが結構ある。ホテルに付ければ頻繁にあると言っても過言ではないくらいだ。故に感染のリスクはあるのでマスク着用は賢明な判断だろう。しかし、この感染したバスの運転手さんはマスクをしていたらしい。ニュースでは感染ルートを調べているという。考えられる一つに運転手は観光客のスーツケースの出し入れをするので、手から感染することも考えられる。
今日は朝から降雪の予報があったが、幸い積もることはなかったが、1日中寒い雨となり忙しかった。遅い昼を取った後、銀座から中国人のご家族にご乗車頂いた。若いご夫婦と1人のお子さんだ。日暮里駅まで。成田行きのスカイライナーに乗るらしい。マスクをちゃんと着用している。スーツケースの積み下ろしはもちろん私がやった。現実にこうして感染のリスクは十分我々タクシー運転手にも当然あるのだ。気を付けたい。
今朝のニュースで、感染したツアーバスの運転手は武漢市のツアー客を2日に渡り運送を行ったが、1日目はマスクを着用していなかったという。

nice!(0)  コメント(0) 

セダン型タクシーはもう古い [タクシー]

先日、日中に外資系ホテルに並んでいて先頭になった。しばらくするとホテルのドアマンがこちらに歩いて来て、私をパスして後ろのジャパンタクシーを呼んでエントランスに付けさせた。スーツケースなど荷物の多いお客様を乗せるため、セダン型車両である私のタクシーは敬遠されてジャパンタクシーが選ばれた。既に主流になりつつあるジャパンタクシー車両が増えて、ホテルに付けるとこういったことはしばしばある。ここのホテルだけではなく他のホテルでも数回敬遠された経験がある。ジャパンタクシー車両だけではない。1BOXタイプのアルファード等のミニバンも同様である。
このジャパンタクシー車両誕生前まではタクシーのセダン型が主流で、ワゴン車両等はごくわずかで空港や駅で珍しく見かける程度。法人タクでも営業所に0~数台という保有台数だった。ゆえに提供する我々事業者、利用されるお客様にも使い勝手の良さをあまり周知されなかった面もあっただろう。一昔前は、個タクのワゴン車両で営業していた事業者が深夜の歓楽街では乗ってくれないとか、1BOXタイプだと流していても乗ってくれないなどの愚痴が聞こえてきたものだが、現在は逆にゆったり乗れる、多人数にも対応できると人気になっているのではないだろうか。夜勤だけのタクシーならセダンでもよいが、日中ホテルなどに付ける場合は荷物の積めるタクシー車両が求められている。既に夜勤の仕事の需要は減り始めている。オリンピック後は、これが更に加速するかもしれない。これから個タクで始める人は将来を見据えた車両選びが必要になってくる。右習えでセダンを選ぶ時代は終わった。日勤とか、私みたいに夜勤が暇だから残業で日中もやる。というような人には荷物の積めるミニバンタイプがいいだろう。私も需要を考えるとオリンピックを前に車両購入の選択を誤ったと思う。なぜか踏み切れなかった。どうしてもセダンが好きというのがあったね。頭の固い古い人間だよ。(笑)それにこの車が最後ということもある。65歳でこの稼業から足を洗いたいというのがある。果たしてどうなるのか!?まったく自分の人生の予測は不可能だが、可能になるように頑張りたい。

nice!(0)  コメント(0) 

首都高は利用しない [タクシー]

昨晩新橋から千歳船橋(世田谷区)までご利用いただいたお客様。一般道のカーナビルートで行くことになった。私はあえて首都高利用を勧めることはしなかった。なぜかというと、ご乗車時のルート確認で首都高のご利用を尋ねると利用しないとのご返事を頂いたからである。なぜか首都高利用の方が運賃がお得になる説明をするのが面倒に思ったのだ。いつもなら首都高の方が運賃が同じか安い、所要時間も早いのでお勧めするのだが・・・どうせ暇だしいいだろうと面倒くさいな。そんな気分になった。お客様に反論はしない。言われた通りのルートで向かう。それも有りだろう。(笑)中には急がないので一般道の方が好きな方もいるかもしれない。そこで私なりにどれだけ運賃等が違うか分析してみた。カーナビ距離優先ルートの主な幹線道路の経路、運賃他は次の通り。

一般道ルート(実際のルート)
外堀通り→六本木通り→玉川通り(R246)→世田谷通り→城山通り→目的地
乗車時間午前0:20
降車時間午前1:01
所要時間:41分
距離:13.8km
運賃:6,740円

上記内容だが、直ぐに所要時間が41分も掛かっていることに注目する。それも目的地は環八の内側なのに。空いている高速道路利用なら東名経由で横浜町田IC経由でや横浜市旭区や町田市、大和市辺りまで行ってしまうのではないだろうか。
41分掛かった原因は工事渋滞だった。最初に渋谷駅手前の渋滞で停止時間が多く3回ほどメーターが上がる。更に玉川通りの三宿手前から三軒茶屋まで工事渋滞で3回くらい上がり、更に世田谷通りの若林交差点(環7)手前で工事のため3回くらい上がる。これだけで9回待ちメーターが上がっている。単純に9回×80円で720円が加算。目的地までの距離は13.8km。これも時間制運賃を除く単純な割り増し無しの距離制だと運賃は4,820円。2割り増しなので、この距離、運賃のいづれかを2割り増しで計算するとだいたい5,780円(2割り増し)という数字が出てくる。これで首都高利用でシュミレーションすると。
首都高利用シュミレーション
首都高霞が関入口→首都高三軒茶屋出口→世田谷通り→城山通り→目的地
首都高代金:420円
若林交差点手前の工事渋滞:3回×80円=240円加算
13.8km:距離制運賃5,780円
計6,440円
所要時間は41分に対して-15分として26分。
その他首都高三軒茶屋出口から目的地までの信号待ち等での加算!?
上記を比較すると首都高利用では運賃が同じくらいか安いというのが分かる。何といっても所要時間が短縮できる。運賃が同じくらいか安い。そして所要時間が早いなら迷わず首都高利用であろう。万が一首都高で渋滞に遭っても時間制運賃は上がらない。(高速利用では時間制運賃を止める高速ボタンを入れることが義務付けられている)これはあくまでも、一般道ルートの一部が首都高と同じルート上(真上を走っている)で同一距離の場合なので比較出来る。

nice!(0)  コメント(0) 

目立つベンツ [タクシー]

先日中年の男性お客様にご乗車いただいた。
新型クラウンの苦言を述べ始めた。「後部座席のヘッドクリアランスが低くて駄目。前の型の方が良かった。マフラー4本出しもあって、クラウンにスポーティーは要らないでしょ。」というのがお客様の見解。そして以前銀座で、現行型のベンツSクラスに乗ったという。400なのか500なのかは聞かなかったそうだ。後部座席は中々良かったと感想を述べられた。しかし、いただけないのは、「滅茶苦茶スピード出して飛ばすんだよね。」と驚いた様子で語った。「Sクラスは新車だと1千万円前後はするんじゃないですか!?」
「支払いが大変なんでしょうね。」(笑)
このところ個タクでも増えているベンツ。小ベンツが多いがこれは大概新車ではないだろうか。私の支部にもいる。調べてみるとSクラスは現行型でも中古車で走行距離が多いものでは400万円からある。新車なわけないよね。私も以前ぶっ飛ばすベンツを目撃したが、その余裕のない営業は止めろよなと言いたい。身の丈に合わない車を買うからだろうと。案の定お客様からの指摘である。こういう高級車の走らせ方というのは、余裕の安全運行をしてこそ運転者の人格が現れその車に相応しい。同じ支部の先輩が言っていたが、高級車購入、ギャンブル漬けで自転車操業してるのいっぱい居るからね。高級車に乗ればいい客が付いて楽して稼げるとでも思っているのだろう。個人タクシーの運転手は馬鹿ばかりだよと。そりゃそうでしょ。所詮仕事は輪っぱ回しだからね。(笑)
個タクだから好きな車を買っていい。他人がとやかく言うべきのものではないが、お客様からの”ぶっ飛ばす”という指摘はやはりまずいだろう。昨晩もうちの組合の大型ベンツが実車で首都高環状線をはみ出し禁止にもかかわらず、車線に関係なくカーブをイン、アウトとレーシング走法で飛ばして走り去ったよ。(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

日勤夜勤を分析してみた [タクシー]

年明けは6日から営業を始めた。今週は需要が見込めないだろうと、月~金の5日間は夜勤を止めて日勤で臨んだ。金曜日だけは連休前で需要が見込まれるため直で営業。5日間連続で日勤というのは自身でも初の試み。結果として5日間の感想だが、日勤も厳しいという現実を突き付けられた。5日間のうち目標プラス経費分が出来たのは2日だけ。最低の売り上げは-1万円が1日。恐らく夜勤だともっと悪かったのではないだろうか。まあ正月明けだから、日勤の需要も未だ正常な状態には戻っていないだろう。夜勤の目標売上を日勤でやるには厳しい。当たりが無いと長時間労働で残業を余儀なくされるし、仕事も細かいので疲れる。日勤で残業をやるとアフター(余暇)が何も無い。仕事が終わると日報締めて、夕餉を取って寝るだけ。疲れて洗車はしたくないので出庫前にする。それに比べて夜勤だと昼頃起きて午後は運動したり有効に使える。中々自分の思い通りにはいかないもんですな。(笑)未だ巷の景気も正常に戻っていない状況ですが夜勤と日勤を私なりに分析してみると。

日勤のメリット・デメリット
メリット
1.朝起きて夜寝るという人間本来の健康的な生活パターンが見込める。
2.お客様を楽に拾える。
3.自転車、人、車と多いので事故の確率は高くなるが、明るくて視界が良いので十分注意さえしていれば夜より安全だと私は思う。
4.雨天など天候悪化で需要が伸びる。日勤でも楽々夜勤の目標が出来る場合もある。
5.酔っぱらいや嘔吐などの面倒なトラブルは無い。
デメリット
1.仕事が細かいので疲れる。
2.ロングが少ないので売り上げが上がらない。
3.道が混んでいる
4.早目に上がらないとアフターが無い。

夜勤のメリット・デメリット
メリット
1.ロングが見込めるので売り上げは上がる。
2.労働時間が比較的短時間で売り上げが上がる。
3.道が空いている
4.アフターを有効に使える。
デメリット
1.夜の需要は少ないので客探しに苦労する。
2.当たりが無いと日勤より売り上げが悪く朝出しの残業が必要。
3.暗いので視界が悪い。
4.酔客が多いのでトラブルがある。
5.夜勤は健康的ではない。

こう分析すると日勤のメリットは5つもある。逆に夜勤のデメリットは5つある。これまで、あまりにも暇な夜に嫌気がさして、天候等など状況に応じて日勤に1、2日シフトしたりして対応してきた。需要の動向である日を読むことも必要であろう。しかし、完全日勤移行には未だ時期尚早かもしれないのか。様子見の状況が続きそうだ。今年はオリンピックがあるので、これから日中の需要はかなり見込めるのではないだろうか。検討課題ではないか!?私より一回り上の先輩は、昨年新車のクラウンを買って銀座で強欲に頑張っている。(笑)年金をもらいながらである。ただ歳なので、きちんと出来ても出来なくても時間内で仕事を終える。過去には大病を患ったのに元気である。しかし、日勤はやる気がしないという。ロングを狙う人にとっては夜勤が楽なのである。年金をもらいながら2、3万円の稼ぎで良い人なら日勤がいいと思うけどね。人それぞれに生活、経済の状況がある。

nice!(0)  コメント(0) 

読売新聞12月31付朝刊社会面TOPは― [タクシー]

大晦日の朝刊社会面TOP記事は「タクシー運転手若者離れ」「平均60歳 低収入で敬遠」
多くの国民が休暇に入っているので、読者が多い中よくぞ取り上げてくれた読売新聞とでも言っておきたいくらいの記事ではないだろうか。
記事では、平均年齢の高い職業として、タクシー運転手が59.9歳で第1位に輝いている。(2018年の賃金構造基本統計調査)そしてタクシー運転手の平均年収は全産業平均560万円にたいして4割を下回る350万円とある。相変わらず300万円台に呆れてしまう。そしてタクシー・ハイヤー運転手の65歳以上の事故率である。事故件数は右肩上がりとグラフで示されている。350万円の年収じゃ子育て世代の若者から敬遠されるのは頷ける。私も、もし息子がタクシー運転手をやりたいというなら東京特別区以外ならやめた方がいいと言うだろう。私は30年以上前に地方の人口100万都市でタクシー乗務を経験したが、東京特別区で乗務して2倍という収入に唖然とした。東京特別区で頑張ればタクシー運転手でも東京で家が買える。そして個人タクシーになればもっと楽しく仕事ができる。
記事には対策として、普通自動車第二種免許の取得年齢引き下げと運賃の値上げとある。私が思うところ法人タクシーが存在している限りそれは無理だと思う。会社が上前をはねるからである。結論はすべて個人タクシーでやるのが採算が採れる方策である。

nice!(0)  コメント(0) 

師走第3週は [タクシー]

今週の売上ですが、月曜日は即死(極度のダウン[右斜め下])。火曜日から金曜日は目標クリア。さすがに昨晩は凄い人出がありました。しかし、内容は厳しかった。営業回数21回で万収無し、首都高利用無し。23区から外に出られず。それでも目標を達成したので感謝しなければいけない。来週は日勤で3日乗って本年の営業を終える予定です。

nice!(0)  コメント(0) 

師走第2週は [タクシー]

師走も第2週が終わり今年もあと半月となった。需要の方は若干の右肩上がりで、朝の残業はほとんどせずに上がれました。特別に売り上げが上がったわけではない。時間内に目標売上をクリアしているだけに過ぎないのがしょぼい。馬鹿当たりなどないね。(笑)金曜日の深夜なんかはさすがに人出があり、当たらなくても目標プラス経費分をクリアできた。酒の飲み方も分からない嘔吐する客も増えてきた。損害を被らないように十分注意したい。

カレンダーを見ると今週の第3週が山場ですね。第4週は火、水がクリスマスで27日金曜日が御用納め。今週も絶対無事故で営業したい。


nice!(0)  コメント(0) 

個人タクシーはポイント5%還元事業者です [タクシー]

images12.jpg



国のキャッシュレス・ポイント還元事業の手続きが遅れていた個人タクシー(東個協)ですが12月1日よりキャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元されています。
ところがこんな問題もあったようです。キャッシュレス・ポイント還元事業者を地図上で検索する経産省のHPやスマホのアプリで、個人タクシー事業者の自宅や電話番号など個人情報が掲載されたというのです。この記事を見てさっそく私も出るかと郵便番号や事業者名をダイレクトに入れて検索してみましたが出ません。出たのは同じ区内の個タク事業者3件ほど。この東京新聞の記事は10月なので、既にほとんどの掲載済が削除され、現在掲載されているのは掲載に承諾した事業者だけなのでしょうか!?
この個人タクシー事業者の個人情報、プライバシーという点に関してはどうなんでしょうか賛否の分かれるところ。経産省は掲載の有無を事業者に問うべきであったのではないでしょうか。面倒だからやらなかったんでしょうね。

nice!(0)  コメント(0) 

危険な自転車の飛び出し [タクシー]


今朝住宅街から区道に出る交差点で、自転車の危険な信号無視、逆走による飛び出しに遭いました。危険極まりない。左右の見通しの効かない交差点では青でもしっかり徐行ですね。ぶつかれば死亡事故にもなりかねない。自転車は車両という意識がまったく無い。老若男女逆走は平気でやる。 師走ということもあり何か人の動き、車の動きも忙しない。ここで事故を起こしては元も子もない。引き締めて落ち着いた運転、安全運行で師走を無事故で乗り越えよう。

nice!(0)  コメント(0) 

師走第1週は― [タクシー]

師走も早第1週が終わる。
景気の方は11月からの暇な需要がそのまま続いている感じかな。師走の第1週は、振り返れば例年同じような気がする。残業で朝出しをする日が5日のうち3日。朝の需要が少ないと感じる。夜は相変わらずよくない。さすがに昨晩は残業せずに目標プラス経費分をセーブ。万収(1コロ)1本だけでもコツコツ地道な営業で十分できる。来週からは毎晩こうありたいが。


nice!(0)  コメント(0) 

人となり [タクシー]

先日、いい仕事をしたがタクシー代金が未収となる事態が発生した。お客様からタクシー代金を頂けなかった。人には様々な事情があるだろう。滅多にないことだが、うっかりお財布を紛失したのを気付かずタクシーに乗り、支払いができない場合もある。また、使えるはずのクレジットカードが無効になっていた。うっかり先月の支払を忘れて無効になっていた場合もあるだろう。誰にだって不測の事態はあり得る。それに対して咎めるつもりはない。
ただ、先日のこの件で残念に思ったのは相手であるお客様の対応だった。約束した翌日までに振り込みが無かった。週が明けた月曜日15時を過ぎても入金の確認は取れなかった。この状況で私はこのお客様の、人となりが見えてきた。運転手に迷惑を掛けたという意識があれば直ぐに振り込むはずである。そういった意識が無いから振り込まない。こういう人は今日電話しなければ、ずるずる延ばされるのは明らかである。ここで催促をしなければならない。こういったことは借金の取り立てみたいで非常に嫌だ。しかし、電話して厳しく言わざるを得ない。「明日中に振り込みが無ければ警察に行きます―」お客様にこんなことは言いたくないが、残念ながら過去に2回くらいある。その一方できちっと約束通り翌日に振り込んで頂けるお客様もいる。
職業でもない、学歴でもない。人となり。人間性であろう。

nice!(0)  コメント(0) 

頼んます役人さん! [タクシー]

月末近いせいかいつもの木曜日よりマシな夜だったかな。
横浜から戻った後、あと1本万収が欲しい・・・いつもならこれで打ち止めになり残業を強いられるのだが、昨晩は最後に万収が来た。ところが・・・
お客様の目的地に着いて運賃は、高速代込みで1.4万円。クレジットカードでのお支払い。しかし、カードリーダーにカードを通すも決済できない。2回やって駄目で。次のカードも2回通すがこれもダメ。現金の持ち合わせは無い言う。使えるはずのカードが使えないとぼやくお客様。それではと、カード会社のオーソリセンターに電話して承認を得ようと確認した。それでもこのカードは無効だという回答。お客様は、それはおかしいという表情だが、心当たりはないのだろうか!?持ち金が無いというのでここで粘っても何も進展はない。そこで私の銀行口座に振り込んでもらうことにした。まず、身分等を証明する免許証を確認して控えさせていただく。そしてお勤め先の名刺を2枚頂いた。名刺を見て驚いた。霞が関の中央官庁のお名刺(国〇〇〇省)。(笑)少しだけ安堵した。お振込確認後名刺は責任を持って破棄することをお伝えする。私は明日中に振り込みをお願いしますと言ったが、振込みは週明けになるという緊迫感の無い返事。それでは困ると言うと、「何とかします!」の返答。これ当たり前ですよね。
カード無効で持ち金も無いというのは本当に久しぶりで記憶がないくらいである。大概カードは無効でも現金で支払う例はある。もし、免許証が無ければ、名刺があっても念のため交番行きだよね。

nice!(0)  コメント(0) 

深夜の需要相変わらず酷い [タクシー]

10月中旬から末にかけては順調に夜勤だけで目標に届いたが、11月第1週に入り残業が増え始める。第2週(月~金)からは連続で残業が続き、3週目に入り水曜日でいい加減嫌気がさして木、金は日勤で営業した。深夜に2万しかできない。これでは昼間の方がよほどマシである。朝出て夕方までに3万はできるだろう。木、金は日勤で雨に恵まれ目標を大きくクリア。このところ趣味の影響もあり、土曜日も出るようにした。本日は祝日の土曜日だが、夜出たくないので昼前から出庫して夕方までやって雨の影響で好調。深夜の需要が余りにも酷いといよいよ昼間にシフト変更したほうが良いのかもしれない。
深夜需要減の要因は消費税増税の心理的影響なのか!?

nice!(1)  コメント(0) 

組合員に負担を強いる事務処理 [タクシー]

先日Club-Taxi.comで運転日報の手書きについて、未だに手書きと批判する記事を書いたところだが、これとは別に事務処理の件で、同僚である先輩と話をしていて組合組織が組合員に負担を強いる納得できない事務処理について話題になった。これは今に始まったことではなく、私が組合加入時(16年前)から不審に思っていたことだが、未収金のタクシーチケット、クレジットカード、クレジットチケット等の換金手数料で我々が立て替える通行料金にまで手数料を取っていることだ。先輩が支部に聞いたところ、これについては組合本部総代会での総意で決められていることだと支部長から回答があったという。数年前にチケット手数料が1%上がり、いつも換金処理の度にチケットが多いとこの負担増は大きいと感じる。本部の換金処理に費用が掛かるのは分かるので値上げはやむを得ないが、せめて不適切な組合員の立て替えの通行料金にまで手数料を取るという暴挙は改善していただきたい。
手書きの運転日報については、タクシーメーター連動の自動化された運転日報を認めるようにして、自宅のPCで作成できるような個タク向けの安価なアプリケーションソフトウェアを各メーター会社に要請して、システム構築の道筋を作って欲しいと思う。これはメーター事業者にとってもビジネスチャンスになるのではないか。

nice!(1)  コメント(0) 

随分暇だね [タクシー]

11日(月)、12日(火)の深夜、この両日は随分と暇だった。
私がその日の需要の目安としているのが、無線機のディスプレイにリアルタイムに表示される無線車の待機台数。需要のピーク時間帯でもある12日午前1時前後に虎ノ門エリアで43台という見たこともない数字が表示された。翌日も37台という数字が。どうりで流しても付けても容易にはお客様を拾えない。酷いもんである。歓楽街に隣接する幹線道路の歩道上に人影はない。空車のタクシーだけが行き交っているのが印象的だ。歓楽街の中も同じく空車のタクシーで大渋滞。お陰でこの暇な両日は残業を余儀なくされた。
ところで、なぜこの虎ノ門エリアの台数なのかというと、これは私の勝手な憶測だが、個タク各事業者が、その日の需要動向で暇だとみると霞が関の官庁街に付けて無線待機をするからであろう。官庁街で並びながら無線待機をして万収を狙う魂胆であろう。無線配車、官庁と双方で万収が狙える。
今晩は暇と言われるノー残業デーでもある水曜日。ノー残業デーを官公庁が水曜日としていることから、各企業もこれに倣い水曜日としているところが多いようである。(参照:NHKの調査)
はたして今晩の需要は如何に!?

nice!(0)  コメント(0) 

身の丈に合った車選びを [タクシー]

文科大臣の身の丈発言が物議をかもしたが、個タクの購入する車両選びも身の丈のあったものにしなければいけないね。先日ベンツのうちの組合の個タクが横羽線を実車で140kmくらいですっ飛ばしていった。稼がなきゃいけないから大変だよ。わっぱ回しなんだから身の丈に合った車にするべきだ。FFのカムリくらいがちょうどいいだろう。(笑)カムリに乗っている同僚に馬鹿にしているのか?と言われたことがある。

nice!(0)  コメント(0) 

連休前の営業 [タクシー]

月初めの週はいつも暇であるが、連休前の金曜日11/1(金)深夜は随分暇だったのではないか!?
無線機のディスプレイを見ると虎ノ門にいる無線車の待機台数が午前1時を過ぎても30台超の数字を示している。これは暇な証拠である。連休前にしては異常な数字である。
何とか松戸と新横浜で目標をクリアできたが・・・一歩間違えば哀れな数字で終わっていたかも知れない。(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

PayPayの利用状況 [タクシー]

10月1日から始めたPayPayですが、1ヶ月経ち利用頻度は4回。意外と少ないことが分かりました。ご利用されたお客様ですが、当初は憶測で若い人ばかりかと思いきやそうでもなかった。30代くらいのサラリーマン男女、中年サラリーマン、そして年配者。考えてみれば20代の若者はタクシーに乗ることは少ない。タクシーの顧客で若い人とは30代くらいが妥当であろう。


1.  10/11     900円 朝

2.  10/14  4,900円 深夜

3.  10/30  5,140円 深夜

4.    10/31    2,740円  早朝





nice!(0)  コメント(0) 

個人タクシーも消費税5%還元開始します! [タクシー]

10/1から始まった政府のキャッシュレス消費者還元事業。登録が遅れたようですが、個人タクシーもご利用のお客様に5%のポイント還元が受けられます。
我々事業者は換金率3%の1/3が還元されるという。何でも経産省から各事業者の自宅にのぼりやポスター、ステッカーが届くということです。個タクは自宅が営業所なんですが、店舗ではないですからのぼりやポスターを掲げる事業者は居ないでしょうね。 ポイント還元は明年の6月末まで。周知されるとキャッシュレスがだいぶ増えることが予想されますね。私の車両には電子マネー決済端末を積んでいますが、因みにいったいどれだけキャッシュレスの利用率があるのか調べてみました。自分の感では恐らく現金の半分に迫る勢いではないかと思っていましたがやはり的中しました。運転日報からデータを採ってみました。
 
◆クレジットカード、電子マネー利用率
現金・チケット(クレジットチケット含む)福祉券は除く
3か月(6月・7月・9月)の輸送実績からデータ抽出。8月は夏休みの休業期間が多いため入れない。
6月 営業回数350回 
   ICカード・クレジットカード150回 利用率42.8%
7月 営業回数345回
   ICカード・クレジットカード146回 利用率42.3%
9月 営業回数334回
   ICカード・クレジットカード156回 利用率46.7%

nice!(0)  コメント(0) 

台風襲来前夜の営業は [タクシー]

東日本大震災を思い起こすガソリンスタンドの行列。
昨日、TVで台風に備えてお風呂に水を張ってくださいとか、車にガソリンを満タンにしてくださいなど呼びかけていたので、ガソリンスタンドに行列ができる懸念があり心配したが、近所のGSで5分ほど待って入れることができた。ただ、レギュラーガソリンは売り切れなのでハイオクを入れることになった。まあこれは仕方ないですね。東日本大震災の時のように給油に30分以上待つということがなかったのでよかった。
営業の方ですが、やはり案の定都心歓楽街は閑散としていた。ピークの午前1時でも空車が多く容易にお客様を拾うことはできない。週末金曜の夜に繰り出すサラリーマンも、奥さんに台風なんだから早く帰りなさいと命令が出たに違いない。銀座でやっと拾えたお客様に目黒と言われて、これはもう帰れ!という事を意味していると悟る。地元ローカルで流して拾えなければ早目の帰庫と決める。結局、何だかんだローカルで営業して数字を伸ばすが、普段の約6割しかできず撤退。先日の台風一過の時のように稼げる日もあれば減収もある。正にタクシーは水商売たる所以だ。
お客様との会話でも、襲来する台風を心配する話題に終始した。被害が出ないことを祈ります。

nice!(0)  コメント(0) 

紛らわしい駅名 [タクシー]

昨晩の事である。
10月も第2週に入ったが相変わらず暇を極めている。終電が過ぎると閑散としていて人が歩いていない。銀座の路地をぐるぐる徘徊して、やっと拾えたと思ったら千円台の仕事で数字が伸びない。一昨晩はこれで苦労した。拾うお客様はすべて昼間の仕事並み。昨晩は何とか浦安経由の葛飾区までの仕事にありつき万収をやってきた。そのあと銀座にほど近い歓楽街の飲食店前に付けると、出てきたサラリーマンに乗車を申し込まれた。
「かわごえし駅にお願いします!」
「川越市、埼玉県の川越駅ですね?」
「違う。かわごえし駅」
「!?」川越市でいんだよね!?かわごえし駅って、川越市の駅だよね。JRと東部の川越駅のことだろう!?
「ご住所ナビに入れましょうか?」住所が分からないという。えっ!?これもちょっとおかしいいな・・・飲み仲間数名に見送られて上司のような方だったからおかしな人ではない・・・。
「よろしければ念のため郵便番号教えていただけますか?」
入力すると間違いなく川越市だった。とりあえず川越市に違いがないだろうから関越の川越ICを降りて川越駅に向かった。川越駅前に着いてお客様に案内して頂いた。
「ここはどこだ!?かわごえし駅じゃないな。」
「よろしければ入力した郵便番号の場所に行きましょうか?」
「それだと自宅になるんだよね・・・」
えっ!この方はどこに帰ろうとしているのか!?
「とりあえず真っすぐ走ってくれ!」
しばらくすると、「ほれ、これが川越駅の隣にある川越市駅だよ。」
なるほど!何だ。川越市の駅ではなく駅名そのものが川越市駅なんだ。内心ぼやく。できれば川越駅の隣駅になる川越市駅と仰っていただければ理解できたかな。頭が悪いので理解できず、反応が悪くすいませんでした。
そしてお客様が住所が分からないという意味がよく分かった。マイカーを停めてある駐車場までだったからだ。地方にお住まいのお客様には、たまにこういうケースはありますね。
結局、東武東上線の川越駅の次の駅名が川越市駅ということが分かった。私もこちら方面は鉄道も含めて無知なのでまったく分からなかった。駅名がなんか紛らわしいと思うのだが。
Googleで「川越市駅 駅名が紛らわしい」で検索するとやはり出ています。

nice!(0)  コメント(0) 

PayPay使えます [タクシー]

paypayx.jpg

本日運賃改定をしたので、お客様へのキャッシュレス支払いのポイント還元を考慮して、未だ使用していなかったQRコード決済のpaypayを使えるようにしてみた。
まずは、うまく決済出来るのか試す。自分のスマホにpaypayのアプリを入れてチャージを行い自分のQRコードにスマホをかざして読み取らせ10円だけ決済してみた。直ぐにスマホのショートメールに支払い完了の通知が来た。正常に機能しているようだ。車内にはpaypayステッカーとQRコードを掲示して完了。

nice!(0)  コメント(0) 

タクシー運賃料金改定 [タクシー]

mnb.jpg


10月1日より消費税率引き上げにより運賃料金が改定になります。
主な新運賃料金と旧運賃料金の比較は下記のとおりです。私は翌朝までこれまでの旧運賃で営業して明日の早朝にタクシーメーターの改定作業を行います。
1.距離制運賃
初乗 1.052km 420円   旧410円    10円値上
加算  233m    80円   旧237m 80円 4m短縮値上
2.時間距離併用制運賃
時速10km以下で走行した場合 1分25秒までごとに80円   旧1分30秒までごとに80円 5秒短縮値上

nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | - タクシー ブログトップ